Loading...

mainImg

企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」

contents

展示構成

26名のデザイナーたちが見せる「原画」は多様です。デザインのプロセスはひとつではありません。本展では「原画」の見方として、6つのガイドをあげています。

1. 分野ごとの方法の違いを見る

デザイナーが手掛けるプロジェクトの性質によって、アイデアの検討や試作の進め方はさまざまです。そのフォーマットや方法の多様性に着目してみてください。

2. デザイナーごとの方法の違いを見る

たとえ分野が同じであっても、デザイナーの個性や世代によって、アイデアの検討や試作の進め方は異なります。それらの違いや、逆に時代を経ても変わらない本質は何なのでしょうか。

3. 筆記用具や道具を見る

スケッチであれば紙とペン、建築模型であればスチレンボードとカッター、プロダクトデザインであればCADなど、デザイナーによって使う道具もさまざまです。

4. デザインの質の変化を見る

「原画」と完成品を比べてみると、デザイナーの頭の中で起こっていることが、見えてきます。

5. デザイナーの考え方を知る

デザインの制作プロセスをじっくり見ていくと、デザイナーごとの考え方や哲学を垣間見ることができます。

6. 原画を観察してスケッチしてみる

たくさんある「原画」の中から、どうしても引き込まれてしまう一品を見つけ、時間をかけて観察すると、多くの発見があるでしょう。さらに模写をしてみると、いっそう得るものがあるはずです。