Loading...

contents

これからのプログラム

企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」

企画展「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」

2018年11月 2日 (金) - 2019年2月24日 (日)

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳 宗悦(1889〜1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけました。民藝の特徴でもある風土や風習を生かしたものづくりは世代を超えて受け継がれ、革新的で衝動的な、枠に捉われない創意工夫へと発展しました。それは、使い手のみならず、ものづくりに携わるすべての人々に大きな衝撃を与え、新しいエネルギーを生み出すきっかけとなっています。本展では、日本民藝館館長でもある深澤直人が、同館の所蔵品を中心に新旧さまざまな100点余りの民藝を選び抜き、紹介します。映像や写真、資料などの多彩な展示を通して、これからのデザインのインスピレーションとなる「Another Kind of Art=民藝」を紐解いていきます。

これまでのプログラム

  • 企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」
  • 「写真都市展 −ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち−」
  • 「野生展:飼いならされない感覚と思考」
  • 「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」
  • 「アスリート展」
  • 「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」
  • 「土木展」
  • 「雑貨展」
  • 「建築家 フランク・ゲーリー展  “I Have an Idea”」
  • 「動きのカガク展」
  • 「単位展 — あれくらい それくらい どれくらい?」
  • 「活動のデザイン展」
  • 「イメージメーカー展」
  • 「コメ展」
  • 「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」
  • 「カラーハンティング展 色からはじめるデザイン」
  • 「デザインあ展」
  • 「田中一光とデザインの前後左右」
  • 「テマヒマ展 〈東北の食と住〉」
  • 「アーヴィング・ペンと三宅一生 Visual Dialogue」
  • 「東北の底力、心と光。『衣』、三宅一生。」
  • 「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 「REALITY LAB—再生・再創造」
  • 「“これも自分と認めざるをえない”」
  • 「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」
  • 「クリストとジャンヌ=クロード展 LIFE=WORKS=PROJECTS」
  • 「THE OUTLINE 見えていない輪郭」
  • 「骨」
  • 「U-Tsu-Wa/うつわ ― ルーシー・リィー、ジェニファー・リー、エルンスト・ガンペール」
  • 「セカンド・ネイチャー」
  • 「祈りの痕跡。」
  • 「XXI c. ―21世紀人」
  • 「200∞年 目玉商品」
  • 「water」
  • 「THIS PLAY! [ディスプレイ!]」
  • 「LUCKY LUCK SHOW 落狂楽笑」
  • 「チョコレート」
  • 「安藤忠雄 2006年の現場 悪戦苦闘」
もっと見る

展覧会受賞歴

企画展「コメ展」

企画展「コメ展」が、複合部門においてJAGDA賞2015を受賞しました。

企画展「デザインあ展」

企画展「デザインあ展」が、複合部門においてJAGDA賞2014を受賞しました。
企画展「デザインあ展」が、2013年度ADCグランプリを受賞しました。
NHK Eテレの番組「デザインあ」及び、21_21 DESIGN SIGHT企画展「デザインあ展」が、第7回キッズデザイン賞 経済産業大臣賞を受賞しました。

「U-Tsu-Wa/うつわ ― ルーシー・リィー、ジェニファー・リー、エルンスト・ガンペール」

「U-Tsu-Wa/うつわ ― ルーシー・リィー、ジェニファー・リー、エルンスト・ガンペール」が、展覧会を通じて西洋文化および芸術を広く紹介したことにより、第四回財団法人西洋美術振興財団賞に選ばれました。

地球文字探検家 浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」

地球文字探検家 浅葉克己ディレクション「祈りの痕跡。」の空間とグラフィックデザインに対し、ディレクターの浅葉克己氏が、2009年度東京ADCグランプリに選ばれました。

第2回企画展 佐藤卓ディレクション「water」

第2回企画展 佐藤卓ディレクション「water」のVI、ポスター、会場デザインに対し、展覧会ディレクター 佐藤 卓が、第10回亀倉雄策賞を受賞しました。