Loading...

mainImg

企画展「2121年 Futures In-Sight」展

contents

開催概要

21_21 DESIGN SIGHTでは、2021年12月21日より「2121年 Futures In-Sight」展を開催します。展覧会ディレクターには、テクノロジーが人類の文化やライフスタイルをいかに変えるのか、その未来を見据えた数多くの書籍や雑誌を手がける編集者の松島倫明を迎えます。

英語では優れた視力を「20/20 Vision (Sight)」と表現します。私たちの「21_21 DESIGN SIGHT」という名称は、さらにその先を見通す場でありたいという、「未来」にむけた想いからつけられました。この展覧会が始まる2021年から、ちょうど100年後--。私たちの活動の名称と同じ数字を持つ100年後の世界に想いを巡らせるところから、本展の構想は始まりました。

古くから人々は、明日の天気から国の繁栄まで、まだ見ぬ先の世界を捉えるために、さまざまな予言や予測を行ってきました。近年では、情報解析や計測に関するテクノロジーの著しい進歩に伴い、より精緻な予測が可能になっているように感じられるかもしれません。しかし、そもそも「未来」は過去の延長線上にだけ存在するわけではありません。

現在、私たちは、世界的なパンデミックを体験し、生活様式やコミュニティのあり方、コミュニケーションの手法などにはじまり、物事の考え方や価値観など、ありとあらゆるものが劇的に変化していく様子を目の当たりにしています。そのことは「未来」がいかに未知なるものであるかを私たちに強く実感させることとなりました。

本展は「Future Compass」(未来の羅針盤)というツールをきっかけに、未来を思い描くだけでなく、現在を生きる私たちの所作や創り出すものに内在する未来への視座を、デザイナーやアーティスト、思想家、エンジニア、研究者など、多様な参加者たちとともに可視化していくことを試みます。身近な存在からまだ見ぬ他者、それらをめぐるさまざまな時間軸へ思いを馳せる中から生まれた未来にまつわる多彩な視座は、会場に集結し、繁茂する草木のごとく複数形の未来を形成していくものとなるでしょう。

「未来」を考えるという姿勢自体を示す本展は、現在を生きる私たちとこれからを生きる世代にとって、デザインとともに明日を創造していくための豊かな洞察力(Insight)を養う機会となることを目指します。

会期
2021年12月21日(火)- 2022年5月8日(日)
会場
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
休館日
火曜日(12月21日、5月3日は開館)、年末年始(12月28日 - 1月4日)
開館時間
10:00-19:00(入場は18:30まで)
*入場予約制の可能性あり
入館料
一般1,200円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
各種割引についてはご利用案内をご覧ください
主催
21_21 DESIGN SIGHT、公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団
後援
港区教育委員会
特別協賛
三井不動産株式会社
協力
株式会社中川ケミカル

文化庁「ARTS for the future!」補助対象事業

展覧会ディレクター
松島倫明
グラフィックデザイン
上西祐理
会場構成
中原崇志
企画協力
水島七恵、平瀬謙太朗
デジタルコンテンツ設計
CANOPUS
参加作家
青木竜太、安藤瑠美、e-lamp.(山本愛優美)、石川 凜、we+、evala、大塚桃奈(WHY)、岡崎智弘、岡島礼奈、木原 共、Qosmo × 朝日新聞社メディア研究開発センター、佐藤 卓、Synflux、諏訪綾子、生環境構築史、東京藝術大学 Sputniko! Lab(M2 岩藤愛実)、長嶋りかこ、PARTY、HUMAN AWESOME ERROR、廣川玉枝、深澤直人、舩橋真俊、Placy、細尾真孝、mui Lab、他
21_21 DESIGN SIGHTディレクター
三宅一生、佐藤 卓、深澤直人
アソシエイトディレクター
川上典李子
プログラム・ディレクター
前村達也
プログラム・マネージャー
中洞貴子