Loading...

mainImg

企画展「2121年 Futures In-Sight」展

contents

展示内容

「Future Compass」(デザイン:上西祐理/撮影:秋山まどか)

Future Compass

「Future Compass」は、私たちが思い描く「未来」への羅針盤であり、未来に向けた「問い」を導き出すためのツールです。3層の円盤から構成され、21のキーワードを自由に組み合わせることで、自身のオリジナルの「問い」を導き出すことができます。

Future Compass Digital

「Future Compass」はオンライン上で体験することができます。くるくると回しながら3つの「言葉」を選ぶと、同じ「言葉」の組み合わせを選んだ参加作家の展示の「問い」と「インサイト」、また会場内での展示位置を確認することができます。
(設計:CANOPUS)
Future Compass Digital

宇宙138億年の歴史を歩く

宇宙の誕生から現在までの138億年の歴史を、地球時間1年(365日)のスケールで体感できるインスタレーションです。人類の時間感覚とは異なるスケールを体験することから本展は始まります。
(サウンド提供:evala)

「問い」と「インサイト (視座・洞察)」

参加作家が「Future Compass」から選んだ「言葉」、導き出した「問い」と、各々が自身の専門領域や生活哲学に基づきながら形にした「インサイト(視座・洞察)」を展示します。

会場には本展の主旋律となる「Future Compass」の展示とともに、「未来」を考える際に必要となるコンテンツを展示します。 たとえば500万年前から1000万年前という時間を包括する自然物を集めた展示「地球の時間軸」や、100年という時間軸を高さに置き換え、モノの変化を可視化する四角柱「タイムモノリス」など。それらの展示が混在した空間で、来館者は多彩な視座に出会います。