展示構成


  • 「六甲山からの眺望」 ヤマガミユキヒロ


  • 「渋谷駅解体」 田中智之


  • 「土木オーケストラ」 ドローイングアンドマニュアル


  • 「霊山トンネル」(福島県伊達市) 西山芳一


  • 「土木の行為 まもる:キミのためにボクがいる。」 WOW


  • 「土木の行為 ほる:地質山」 康 夏奈(吉田夏奈)


  • 「土木の行為 つむ:ライト・アーチ・ボリューム」 403architecture [dajiba]


  • 「土木の行為 ためる」 ヤックル株式会社


  • 「土木の行為 つく:山」 公益社団法人 日本左官会議


  • 「土木で遊ぶ:ダイダラの砂箱」 桐山孝司、桒原寿行


  • 「現場で働く人達 開削。掘る。」 株式会社 感電社+菊池茂夫


  • 「ダムとカレーと私」 ©ドローイングアンドマニュアル

イントロダクション:「土木写真家 西山芳一が選ぶ名土木マップ」

デザイン:柿木原政広/写真:西山芳一

都市の風景

私たちの日々の暮らしや、それに必要なものの移動を支えている土木。都市のインフラを意識させる作品を展示します。

「渋谷駅解体」、「新宿駅解体」、「東京駅解体」
田中智之(建築家)

「六甲山からの眺望」、「隅田川リバースケープ」
ヤマガミユキヒロ(アーティスト)

土木オーケストラ

日本の高度経済成長期を支えた土木の工事現場の記録映像を、現代の土木映像へとつなぐシンフォニー。一緒に展示された工事現場で使う道具や素材などと合わせて、土木がつくられていく現場を想像できます。

「土木オーケストラ」
ドローイングアンドマニュアル(クリエイティブチーム)

「土木の道具」
ワークヴィジョンズ(西村 浩、林 隆育)(クリエイティブ集団)

土木の行為

土木に結びつく行為をテーマに、参加作家が様々な形で表現。来場者は作品を通して土木の行為を体感できます。それぞれの行為に基づき、土木写真家 西山芳一による土木施設の写真を展示します。

「まもる:キミのためにボクがいる。」
WOW(ビジュアルデザインスタジオ)

消波ブロックや河川敷のコンクリートブロックが、私たちの生活と自然環境を災害から守っていることを伝える、映像インスタレーション作品

「ほる:地質山」
康 夏奈(吉田夏奈)(アーティスト)

島のそこかしこに掘られたトンネルを覗くと、島の地層のありようを見ることができる

「つむ:ライト・アーチ・ボリューム」
403architecture [dajiba](建築設計事務所)

空気で膨らませたビニールのピースを積み上げることで橋をつくる体験型作品。アーチの構造を学ぶことができる

「ためる」
ヤックル株式会社(エンジニア集団)

ダムの水が流れている映像空間にて、圧倒的なスケールで水の溜まる様子を体感できる

「つく:山」
公益社団法人 日本左官会議(挾土秀平、小林隆男、小沼 充、川口正樹、坂元美貴)+職人社秀平組(山本義則)

版築工法や石積みなどをモチーフにした、左官の手の痕跡がのこる土と石の作品

「つなぐ:渋谷駅(2013)構内模型」
田村圭介(建築家)+昭和女子大学環境デザイン学科 田村研究室

渋谷駅は地下5階、地上3階の複雑な構成。 模型を通して、土木が駅構内をつないでいることを知ることができる

「ささえる:ストラクチャー」
渡邉竜一(橋梁・構造デザイナー)+ローラン・ネイ(構造エンジニア、建築家)

橋などを設計する際に用いられる構造力学。異なる素材と構造でどのような違いがあるのかを、分かりやすく伝える

「はかる:Perfume Music Player Installation」
ライゾマティクスリサーチ(アーティスト、リサーチャー)

スマートフォンアプリの位置情報を用い、東京の交通網やユーザーの行動を観察することができる作品

そのほかに、設計領域(土木・建築設計事務所)による土木の質感を体感できるマンホールやアスファルトの作品「人孔(ひとあな)」や、桐山孝司(東京藝術大学大学院映像研究科教授)桒原寿行(東京藝術大学COI特任助手)による、来場者が砂場遊びを通して土木の設計者となれる映像インスタレーション「土木で遊ぶ:ダイダラの砂箱」を展示します。

土木を愛する

マガジン、漫画、食とあらゆる角度から土木を愛でる。土木をもっと楽しむヒントが詰まったセクションです。

「現場で働く人たち」
株式会社 感電社+菊池茂夫(写真家)

「ダムとカレーと私」
出演:宮島 咲/映像:ドローイングアンドマニュアル/制作協力:柿木原政広

「ニュー土木」
横山裕一(漫画家)

「ガードマン」
柿木原政広(アートディレクター)

日本一・世界一

日本と世界を代表する2つの長大トンネルを通じて、日本と世界の土木技術の粋を確かめてください。

「青函トンネルの断面図」、「ゴッタルドベーストンネルの断面図」
柿木原政広

「山手トンネル」
ヤックル株式会社+八馬 智(千葉工業大学創造工学部デザイン科学科准教授)

土木と哲学

土木の書籍や図面、東日本大震災の復興現場の映像などで、土木の役割について考察します。

「GS三陸視察2015 映像記録作品『GROUNDSCAPE』」
GSデザイン会議+岩本健太(映像作家)

「BLUE WALL 永代橋設計圖(東京大学大学院工学系社会基盤学専攻所蔵)」
EAU(土木設計事務所)

重機グラフィック

提供:コマツ
実寸大の重機の構造を知ることができるパネルを展示。

Page Top