Loading...

mainImg

企画展「The Original」
開催概要

contents

ディレクター

ディレクターズ・メッセージ

私たちの暮らしを取り囲む、きわめて多様なデザインの数々。それらの中で、オリジナルという言葉にふさわしいものはどれくらい存在するでしょうか。確かな独創性と根源的な魅力、そして純粋さ、大胆さ、力強さをそなえたデザイナーによるプロダクトを、この展覧会では「The Original」と呼びたいと思います。

The Originalは、ひとつの点にたとえることができます。その点に十分な影響力があれば、点は線へ、さらに面へと展開するでしょう。つまり後に続くいくつものデザインが、原点に対するバリエーションとして長期にわたり生まれていきます。やがてひとつの点は、時代の中で見えにくくなってしまうかもしれません。しかし生活を本質的に豊かにしたのはThe Originalであり、そこに宿ったオリジナリティの力です。

オリジナリティという概念は、さまざまに解釈することができます。そもそもあらゆるデザインには、何らかのオリジナリティがそなわっているようにも思えます。だからこそ、この展覧会で改めて紹介するのは、既存のプロダクトから現在の視点によって見出した「これはThe Originalではないか?」と考えられるものです。つまり1点1点の展示品はそれを観る人への問いかけであって、必ずしも歴然とした答えではありません。テキストや展示空間はじめ展覧会全体を通して、このテーマの輪郭を明らかにできたらと思います。

デザインにおいて「歴史に学ぶ」とは、過去のThe Originalに追従することではなく、そのすごさに触れた上で新しいThe Originalをつくることではないでしょうか。デザインの意味がどれほど変化し、また拡張しても、こうした循環はきっと変わりません。The Originalは、揺れ動く時代においてなお、立ち返るべきところとしての重要性を高めていくはずです。

土田貴宏

プロフィール

土田貴宏

土田貴宏 Takahiro Tsuchida

デザインジャーナリスト、ライター。
1970年、北海道生まれ。会社員を経て2001年からフリーランスで活動。国内外での数多くの取材やリサーチをもとに専門誌などに寄稿している。コンテンポラリーデザインを主なテーマとして、家具、インテリア、日用品について書くことが多い。東京藝術大学、専門学校桑沢デザイン研究所で非常勤講師を務める。近著『デザインの現在 コンテンポラリーデザイン・インタビューズ』(PRINT & BUILD)。