2008年5月 (2)

デュイ・セイド、再来日!

去る5月24日土曜日の午後、参加作家のひとり、デュイ・セイドのトークが開催されました。オープニング後、一旦ニューヨークに帰国したデュイは一ヶ月ぶりに来日し、自作「スティックマン」につながる身体表現の歴史について語りました。あい変わらずの優しい笑顔に再会できて、スタッフ一同大感激でした。また翌日は、予定になかったギャラリーツアーも買って出てくれました。会場構成も手がけた彼だけに、解説は展覧会全体にまでおよびました。

デュイ・セイドのギャラリーツアー

《21世紀の神話》制作チームが秘話を公開

本展のディレクターであり参加作家でもある三宅一生の作品、《21世紀の神話》を制作したのは、長年にわたり彼とともに衣服づくりをしてきた山本幸子。彼女と若手スタッフの森川拓野の2人が、5月23日金曜日、夜6時半より1時間にわ たって今回の作品づくりのプロセスや三宅一生との仕事について語りました。
《21世紀の神話》のための試作やボツになった作品を実際に見せながらのトークに、ファッションを勉強中の学生たちが目を輝かせながら聞き入っていたのが印象的でした。作品づくりでおこなわれた細く切った紙を編む作業を実際に体験する など、盛りだくさんの内容となりました。

Page Top