Loading...

contents

オープニングトーク「㊙展のマル秘 −展覧会ができるまで−」を開催

2019年11月30日、企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」に関連して、田川欣哉、鈴木康広によるオープニングトーク「㊙展のマル秘 −展覧会ができるまで−」を開催しました。本展で展示しているデザイナー達の「原画」さながらに、実際の会議資料なども紹介して、本展の企画がスタートしたときから開幕までの道のりが語られました。

本展で"原画"を展示している日本デザインコミッティーのメンバー達に、田川が初めて展覧会のプランを提案したのは、2018年7月。
田川は、熊本県で育ち、雑誌などの二次情報を通してデザインに触れていた経験と、上京後に山中俊治のアシスタントを務めそのクリエイションの生の現場にものづくりへの意欲を後押しされた経験から、より多くの人に「生のクリエイションを感じて欲しい」「デザイナーの肉声を伝えたい」と考えました。
その提案に、はじめは賛否の声があがったといいます。そこには「プロセスは人に見せるものではない」という意味もありますが、委託の仕事が大半となるデザイナーは、守秘義務があるためにプロセスを公開するのが難しいという事実もあります。
それでも賛同してくれたメンバーが自分の"原画"を出してくると、他のメンバーも興味深そうに見入るようになり、少しずつ"原画"が集まっていきました。

本展では、会場に来られない人にも「デザイナーの肉声」を届けるために、メンバー達へのインタビューをポッドキャストで配信しています。田川と鈴木康広が、一人ひとりの元を訪ねて行ったインタビューは、編集せずにメンバーの言葉をそのまま伝えています。今の専門分野に出会ったきっかけ、仕事を始めた頃のことから、デザインとは、という持論までが、それぞれの話し方や言葉選びといった個性とともに語られます。
ほぼすべてのメンバーの元を巡った後、二人は、「今はその分野の代表となるような人も、キャリアのはじめには、先人達の中で自分が活躍できる分野を探していたことが印象的だった」と言います。

鈴木は、メンバー達のことを「"わざわざやる"のではない、避けられない無駄の壁にぶつかり続けた人達」と表現します。「ここで展示されているスケッチは、僕たちが当たり前だと思っているものやことが解決されてきた物証だ」と語りました。

最後に来場者から「個性豊かな人々のインタビューを通して、共通しているところはあったか」という質問に答え、「自分にぴったりな思考の出力方法を、かなりこだわって研究しているということ。」と田川。続く鈴木は、「それこそが㊙で、自分でもはっきり説明できないことでもあるけれど、それを考えるということが、ものづくりを始めることにつながっていくのだと思う。」と語りました。